« シェイクスピア7『リチャード三世』松岡和子訳・ちくま文庫読了 | トップページ | 『折りたたみ北京』現代中国SFアンソロジー ケン・リュウ編 »

2018年8月 4日 (土)

『ブレードランナー2049』を観た               

しばらく前にDVDを買って積んでおいたが、ようやく観終わった。「ブレードランナー」の続編だけどやけに謎解きに向かっていて、途中で欠伸がでた。あと格闘シーンが多いような。もう原作のPDKの「アンドロイドは電気羊の夢をみるか」とは無関係か。そういえばチャペックの「R.U.R.ロボット」も今巷で話題の生産性がなかった。レムの「泰平ヨンの未来学会議」でもロボットが「おいらにゃ、親も子もいない」とか言ってたと思う。生産性の高いロボットが生産性がない皮肉。ロボット、アンドロイド、シミュラクラ、レプリカント。雪の降る最後のシーンは前作の白い鳩が飛んでいくシーンと重なり良かった。

|

« シェイクスピア7『リチャード三世』松岡和子訳・ちくま文庫読了 | トップページ | 『折りたたみ北京』現代中国SFアンソロジー ケン・リュウ編 »