« 『フィリップ・K・ディックの世界』ポール・ウィリアムズ読了 | トップページ | 『コングレス未来学会議』2013を観た »

2018年1月16日 (火)

『イヴのいないアダム ベスター傑作選』アルフレッド・ベスター読了

10篇からなる中短篇集。ベスターは40年以上前に「虎よ、虎よ!」を早川SF全集で読んだのがはじめだと思う。「コンピューター・コネクション」は読んだと思うが憶えていない。どちらにしてもそれほど思い入れのない作家だった。しかしこのホラーがかったSF傑作選は面白い。一番好きなのは、「昔を今になすよしもがな」この結末は恐ろしい。あと「ごきげん目盛り」「イヴのいないアダム」「願い星、叶い星」も確かに傑作だ。やはり1950年前後のSF黄金時代はすごいと思う。今、読んでも古くない。「イヴ~」1963年初出だけど。「分解された男」は買った?けど読んでいないような。読みたいけど、まだ積読本があるし多分読まない気がする。

|

« 『フィリップ・K・ディックの世界』ポール・ウィリアムズ読了 | トップページ | 『コングレス未来学会議』2013を観た »