« 『イヴのいないアダム ベスター傑作選』アルフレッド・ベスター読了 | トップページ | ブッツァーティ『魔法にかかった男』読了 »

2018年1月29日 (月)

『コングレス未来学会議』2013を観た

原作はスタニスラフ・レム「泰平ヨンの未来学会議」(自慢だけど集英社版を持っている)映画にはヨンは出てこない。女優が金銭と引き換えに自分をスキャンさせる。そして20年後未来学会議に招待される。そこではドラッグで満たされたアニメの世界。そこで騒動が起こりまた未来へ。一度は現実に戻るがそこは余りにも暗く貧しい世界。結局、またアニメの世界へ戻る。原作の方はドラッグ、ドラッグで訳の分らん物語だったような。確かレムもドラッグの実体験をしていたと思うが。映画は一応ストーリーがちゃんとありアニメも面白い。「ソラリス」を書いたレムとは別の泰平ヨンシリーズの皮肉、暗さもある。でも折角だから泰平ヨンを出してもっとどたばたした映画を観たかったのが本音。まじめなSF(映画では頻りにサィ・ファイと言って馬鹿にしていたが)としてはピルクスあたりを映画化してほしいと願う。

|

« 『イヴのいないアダム ベスター傑作選』アルフレッド・ベスター読了 | トップページ | ブッツァーティ『魔法にかかった男』読了 »