« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月27日 (火)

『ヒトラーの描いた薔薇』ハーラン・エリスン読了

13篇からなる短篇集。「死の鳥」でも書いたと思うが、エリスンてこんなに面白い作家だったとは、この短篇集でも再認識させられた。もう83才か。自分がようやくエリスンを読めるようになったのか。それともまともに翻訳を出さなかったH書房が悪いのか。バラードの作品の躍動版のような短篇。あとがきにもあるようにまだまだ作品を出版して欲しい。それにしてもSFの翻訳者たちは妙な文学作品の翻訳よりも数倍こなれているなぁと語学音痴の私は思う。

|

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »