« エイモス・チュツオーラ『やし酒飲み』を読む | トップページ | ヨーゼフ・ロート『聖なる酔っぱらいの伝説』を読む »

2013年7月30日 (火)

エッセイ集『時間の香り』を読む

「ときのかおり」と読む。高砂香料工業の時報に掲載された香り、匂い、臭いに関する50人のエッセー。ジェームズ・三木はやはり下品な臭い。永六輔は説教臭い。やはり杉浦日向子のように江戸のけはいを漂わせるのが良い。気配と書くと気配りを思わせいやみたいだ。多くの人がにおいと記憶を結びつけている。自分はあまりにおいに敏感な方ではない臭気感知テストでも5品目のうち一品目はいつも外す。臭覚の受容体が具合が悪いのかも知れない。そういえば、視覚や聴覚の障害(障碍か)者に対する差別用語はあるのに臭覚や味覚障碍者は差別されない。

せいぜい鼻が低いとか味が分からないと馬鹿にされるぐらいだろう。早坂暁の臭覚異常の世界や今井通子の高所登山での臭いのない世界はなるほどと思った。早坂暁と臭覚と性欲の関連、今井通子の高所での自分のにおいに対する愛情は面白い。においは揮発性物質だから高所や冷所では当然揮発しづらいだろうし、またあるものはフェロモンでもあるだろう。またカビ臭の原因でもあるテトラアニソールはpptのオーダーの閾値を持ち水道水をまずくさせる。それでも人間は馴れる。閾値は時間とともに段々高くなり感じなくなる。そして時間と共に香りの記憶もおぼろげとなっていく。

|

« エイモス・チュツオーラ『やし酒飲み』を読む | トップページ | ヨーゼフ・ロート『聖なる酔っぱらいの伝説』を読む »