« カルペンティエール『時との戦い』 | トップページ | カルペンティエール『エクエ・ヤンバ・オー』 »

2012年2月11日 (土)

PKD『ドクター・ブラッドマネー -博士の血の贖い-』

昔、サンリオ版の『ブラッドマネー博士』を読んだ。モームの「人間の絆」の朗読が印象にある。今回の新訳、例の如く殆ど忘れているから初読に近い感じ。ディックにしては破綻のない小説。読みやすい。ハッピーエンド。人間の絆、高校のころ、はまった小説のひとつ。ディックが取り上げているのが意外だった記憶。ホッピーにはミルドレッドも幸せも縁がなかったな。可哀想。

|

« カルペンティエール『時との戦い』 | トップページ | カルペンティエール『エクエ・ヤンバ・オー』 »