« 『シャルダムサーカス』残りを読む | トップページ | 『安徳天皇漂海記』読み続ける »

2010年10月18日 (月)

「安徳天皇漂海記」 宇月原清明 ようやく読み始める

まだ第一章目だけど、面白そう。はじめの序章なんか、諸星大二郎のヒラニヤ・ガルバみたいだ。そういえばオルハン・パムクの「新しい人生」がとっくに出ていた。バラードの自伝も読みたいし、オルガ・トカルチュク「昼の家、夜の家」も読んでみたい、それにボフミル・フラバル「わたしは英国王に給仕した」も。また積読病が始まりそうだ。

|

« 『シャルダムサーカス』残りを読む | トップページ | 『安徳天皇漂海記』読み続ける »