« 銀鏡反応 | トップページ | ベクシンスキー »

2010年10月 8日 (金)

「妖怪と美女の神話学」読了

題名に騙された感がある。あと博士論文のようなお弟子さんと思われる二つの論考もついている。記紀と昔話の”吻合”、吉田先生はいたくこの言葉が好きなようだ、を例を挙げて判り易く説明してくれている。ただ仕方無いことだろうが昔話の引用文献は所謂二次文献であり限界があるのではと、素人ながら思った。考古学というなら稗田礼二郎ではないがフィールドワークが必要なのではと、これまた漫画の知識で思ってしまう。実際そんなフィールドが残っているかは疑問だが。批判めいたことを書いたが、冷静に考えるに、自分がこの手の本が苦手だということだろう。

|

« 銀鏡反応 | トップページ | ベクシンスキー »