« 『ズディグル アブルル』一休み | トップページ | 少年の探検 »

2010年9月 2日 (木)

大晃の思い出   『ズディグル アブルル』少し読む

昨日、若乃花が亡くなった。栃若時代の初代若乃花だ。当時ファンだったのは連続出場とつっぱりと「おでこと四股名」で有名だった大晃。祖母の地元出身ということで、家中で応援していた。祖母から聞いた話だが、大晃の家では中継をみに近所の人も集まったらしい。それで大晃が負けると父親はテレビを消して寝てしまったという。それだけ息子が自慢で可愛いかったんだろう。子供のころよく友達と相撲をとった。やっぱり運動神経のよい奴が強かった。学生の頃までよく見ていて北の富士・貴ノ花のかばい手は学校の体育館で仲間とふざけて再現したりして遊んだ思いがある。ありきたりの言い方だが、確かに昔は相撲は国技だったんだろう。

『ズディグル アブルル』少し読む。訳者によってなんか感触が違うな。どれが正確なのかはわからないけど。井桁さんのがいい感じ。たとえば薪を割ろうとして割れない音が3冊で違っている、コン!。ポン!。こつ!。この中では、やっぱりコンだろうな。私だったらパン!もありかな。こつはないな。かように翻訳は難しいと言ってみたり。

|

« 『ズディグル アブルル』一休み | トップページ | 少年の探検 »